特定非営利活動法人ツナグ未来

特定非営利活動法人ツナグ未来

我が国は2007年に超高齢社会社会と突入しました。
(超高齢社会=総人口に置ける65歳以上の方の割合が21%超えの社会を呼ぶ)

 

今後も高齢者率は増加を続けると予想されており、様々な問題点が提起されております。

 

そこで行政書士・司法書士・社会保険労務士などの専門家や介護事業従事者が
集いツナグ未来を設立することに
なりました。

 

当法人が取り組むことは大きくわけると以下の3つになります。

 

@一般の方への相続問題などに関する啓発活動

誰しもが関わる事になる相続の問題。
しかし、どこか他人事のように捉えていらっしゃる方が多いのも事実。

 

 

 

「うちは財産なんかないから・・・」


 

 

「うちの家族は仲がいいから揉める訳ないし・・・」


 

 

「まだまだ元気だから相続なんて先の話だし・・・」


 

実際このようなお話をよく耳にします。
しかし、本当にそうなのでしょうか?

 

「知らなかった」だけで、
余計手間が増えたり、亡くなられた方の意思が
尊重されていなかったり・・・

 

そのような事を未然に防ぐ為にも
行政書士や司法書士などの専門家の力をもって
尽力して参ります。

 

A市民活動団体様や社会福祉法人様への勉強会やセミナーの実施

特に高齢者を対象とした活動をされている団体様や法人様に対して
様々な勉強会やセミナーをご提供します。

 

是非ご活用ください。

 

B福祉・介護事業所を営む企業様のサポート事業

超高齢社会の中でますます需要が高まる介護事業。
少子化の影響も大きく「労働力不足」が深刻化していることは大きな問題です。
今後、よりその傾向は強くなってしまうでしょう。
それとは反するように、行政から求められる事務処理工数は煩雑であり、
行政からの支援を十分に受けられている事業所の方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そのような自体を回避して、より運営しやすいように専門家で全力でサポートします!

 

 

 

以上の取り組みを通じて誰もが安心して生活できる
社会の形成に寄与する所存です。

page top